Infomation ご案内

  2016年より紅茶教室開催

  毎月様々なテーマで
  紅茶の基本から奥深まで
  講師が楽しくお伝えします。

  1回(単発)、コースでも受講可能です。

   現在調整中

  初心者の方から、上級者まで
  それぞれのスキル向上にお役立て下さい。

  ご質問・参加希望は
  Tel 0465-63-1424
  e-mail
  britshcakehouse@yahoo.co.jp

  

                     英国菓子騎士団
                    The Spirit of Tea & Cake Club

私たち英国菓子騎士団は、英国菓子と紅茶を囲んで大切な人とひと時でも過ごすことの豊かさを唱えます。
時に友人や恋人、夫婦、子供、孫と、そして世界の人達とも、ささやかな午後のお茶時間が、その繋がりの舞台となるように。
そしてそこから生まれる人々の記憶に、やわらかな、やさしいぬくもりの想い出となりますように。

紅茶は知識だけでも、また商売のアイテムだけでなく、もっと奥深い大切な役を果たすことが出来るのでは。
それは、人の心に潤いを与えること。
それに欠かせないものとして、英国菓子はとても大きな存在なのです。

キーワードは、手作りの英国菓子。
それはまさに、ささやかな「おもてなし」の、自分の表現そのものではないでしょうか。

お金を出せば、今は何でも手に入れる事はできるかも知れません。
しかし、手作りのお菓子は、その相手のことを想い、自身の「大切な時間をプレゼントする」事であるのです。
材料を揃え、一所懸命覚えたお菓子を作り、そこには少しでも美味しくしたいという思いも込められます。
そして現代社会では誰でも忙しい、その掛け替えのない時間を費やすのです。

だからこそ手作りのお菓子で彩られた食卓は、何よりも美しい自分らしさの表現であるのです。

英国菓子の素晴らしさは、その素朴さと、技術だけではなく心がよく表現されることに特徴があるのです。
地味だけれども、ぬくもりのある美味しさ。
それはまさに「お母さんやおばあちゃん」の記憶の森にあるひざのぬくもり、のようなものです。

そんなほっとできる、人の心を穏やかに優しく包んでくれるものも「おもてなし」であると思います。

そして互いに支え合う永遠の良き友が紅茶であるのです。
その上で英国の「午後のお茶文化」は育まれてきたのです。

そこで私たち英国菓子騎士団では、
情報や偏った頭でっかちな知識では無いように、多くの方々に紅茶とお菓子を囲んでの、ささやかな「しあわせ」を共有して
それに伴う基礎的な技術や文化背景をお伝えしてゆく活動をして参ります。

小さなぬくもりの時間が、やがて大切な人を見つけだし、そして守りゆく強い心を生み出せる原動力となります様に。
そして私達のすぐ近くにある支え合う人々に気づき、またそれを繋ぐきっかけになりゆくことを願います。

ぜひ皆様とともに「女性の素晴らしさ、母の力」を伝えて行こうではありませんか。

BRITISH CAKE HOUSE
代表 小澤桂一

Member's  素敵なメンバーです。それぞれの活動もご紹介してゆきます。(敬称省略)

           
  菊池美輝
   西塚香苗    藤原啓子   長倉千寿子    中西洋子    佐藤茂美


           
   野田理子    若井桂子    今野富恵   石塚由美子   大曽根幸江    纐纈幸子



TOP PAGE へ戻る