もっと日常に美味しい料理とワインやビールを楽しめる空間

ロンドンやパリにあるような、身近でいて居心地がよく、それでて美味しい店。
身近な野菜や、さりげないこだわりの食材を、惜しみない料理の研究心と注ぎ込み、
それでも気軽に日常の延長線上で召し上がって頂きたいと願うオーナーの想い。

仕事帰りの安らぎ、休日に家族や恋人と過ごす時間。
ワインやカクテルを飲みながら、つまみ料理を味わい、やがて炭火で焼きあげる
香ばしいラム料理(TAKIBI KEBAB)を待つ、至福の心地よさ。

都会の中の食するオアシスの新たな形が、この「バラック」で出会えると思いました。


特別な日じゃなくても、しっかりとした美味しいグルメをEnjoyしたい方へ。
こだわりがたっぷりの手造りの店内で安らぎながら、これまたとってもリーズナブルで、
きっと日常の中に触れ合える「心の潤い」を与えてくれると思います。



LUNCH ¥950(ファラフェルサンド)、¥1150(チキンケバブサンド)
      ¥1300(ビーフケバブサンド)  フレッシュジンジャーエール ¥500~各種
DINNER ¥450(フムス) ¥550(じゃがいもとトリュフ) ¥1350(石垣島山羊カルパッッチュ)
      ~TAKIBI KEBAB~
      ¥550(ビーフキャフテ) ¥1450 1/2,¥2800(多摩産ラムスペアリブ) 他各種
      ¥500(レモンサワー) ¥650(ドラフトビール) ¥600(グラスワイン)~他各種


大人は飲みながら本格料理を気軽なおつまみとして、アルコールが苦手な方はレスト
ランとして、またお子さんにも体にやさしい手を掛けた食事をお気軽に。


確かな技術と妥協しない性格が生み出す料理、の理由。

実はオーナーシェフ 青木伸一郎は、日本では貴重な経歴をもつ。
当時21歳の彼はヨーロッパで食への追求心に炎が点る。
ある時突然渡英し、通常ではあり得ないロンドンの名高い名門レストラン「ルガブロッシュ」
に入門し、世界レベルのレストランを学び、欧州料理の存在価値そして楽しみ方を学び、
帰国時には、当時世界最高峰と言われた三ツ星シェフの「ゴードンラムゼイ」が、東京の
ホテルコンラッドのレストラン出店をした際、この厨房で精進する事となる。
また、パリで故ロブション氏に可愛がれ、名を残した料理人「タテルヨシノ」氏の東京の
レストランでも腕を磨く事となる。

そんな彼が最高峰の料理技術を知りながらも、もっと身近な誰もが楽しめるレストラン
として、故郷の父親が作る野菜や日本の良い食材を駆使しながら、数百円からお酒と
共に楽しめる、まさにヨーロッパの街角にある、おしゃれなBAR&DAININGの具現化した
ものがこの「バラック(BARLUCK)」なのだ。

彼が自身で手掛けた内装&インテリア、そしてこの情熱を、ぜひ2022年7月迄に存分に
味わって頂きたい。(店舗ビルが解体予定)

面白いのは前衛的な最新コンセプトなのだろう。取り皿等は紙皿を使用している。
ぜひそれを「おもしろい」と思って頂き、気軽にご家族やお仲間と覗いて頂きたい。
お願いします!
                           BRITISH CAKE HOUSE オーナー
                                 義兄 小澤桂一


※最新の営業の状況は事前に 公式インスタグラム か お電話で、ご確認ください。

Retern





 MENU LUNCH 1    MENU LUNCH 2   MENU DINNER 1  MENU DINNER 2

東急東横線 学芸大学 下車約300M  駐車場 近隣コインパークをご利用下さい
お子様連れWELCOME ランチあり ドリンク1杯~でもご利用可能です

TAKIBI KEBAB

(下記各MENUからご覧頂けます)

Limit ~7,2022
OPEN Restaurant

公式インスタグラム